「65歳未満で軽症、基礎疾患なし」なら受診避けて 厚労相呼びかけ

新型コロナウイルス

枝松佑樹
[PR]

 新型コロナウイルスの感染爆発によって救急医療や発熱外来が逼迫(ひっぱく)していることを受けて、後藤茂之厚生労働相は4日、症状が軽く65歳未満で基礎疾患がなければ、慌てて医療機関を受診することは避けることを検討するように呼びかけた。受診抑制をめぐっては、厚労省は7月22日、無症状で検査だけを目的とした救急外来の受診は控えるように要請していたが、さらに踏み込んだ形だ。

 厚労省は、日本感染症学会など関連学会が2日に公表した救急利用や発熱外来受診に関する声明を引用。目安として、症状が軽く65歳未満で、基礎疾患がなかったり、妊娠していなかったりすれば、検査や薬のために慌てて受診しない▽救急車を呼ぶ必要があるのは、顔色が明らかに悪い、意識がない、少し動いただけで息苦しい場合などと示した。

 都道府県に対し、この目安を参考にして住民に周知するように通知した。後藤氏は「限りある医療資源を有効活用し、受診する必要性の高い人が速やかに利用できるよう、国民の協力をお願いするものだ」と説明した。(枝松佑樹)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]