観客席から手話で参加 大会ソングの合唱で一体に 総文祭閉幕

有料会員記事

川口敦子
[PR]

 第46回全国高校総合文化祭(とうきょう総文2022)が4日、都内で閉幕した。最終日、合唱部門では東京芸術劇場東京都豊島区)に全国から43校が集い、閉会式では大会イメージソング「きみへつなぐ」の全体合唱があった。

 声を出して歌ったのは舞台上の合唱部員と実行委員だけ。コロナ禍で客席からの発声はできなかった。「ご一緒下さい」とのアナウンスを受けて、客席の高校生らは、手話を用いて歌を届けた。

 合わせて手話ができたのには、理由がある。全国の合唱部門が一堂に会した3日の生徒交流会で、特別支援学校部門の生徒16人が手ほどきをした。舞台の最前列で曲に合わせて手を動かし、劇場の2階席まで満席となった生徒らも続いた。

 そびえ立つ赤いタワー 凜(りん)とこの街をー見下ろしているー

 約20分間で体得した覚えたての手話で、会場は一体となり、拍手が湧いた。

 特別支援学校部門の委員長を…

この記事は有料会員記事です。残り491文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら