農林水産物の輸出、1~6月で過去最高 欧米の外食需要が回復

有料会員記事

初見翔
[PR]

 農林水産省は5日、1~6月の農林水産物・食品の輸出額が6525億円(前年同期比13・1%増)となり、上半期として過去最高だったと発表した。欧米を中心にコロナ禍からの景気回復で外食向けの需要が伸びたほか、円安も後押しした。

 国・地域別では、中国が1201億円(同18・0%増)と最も多かった。次いで多い米国も1046億円(同34・5%増)と大幅に増えた。前年同期で最も多かった香港は、新型コロナウイルスの感染拡大で外食が規制されるなどした影響で、10・9%減って917億円だった。

 品目別では、ホタテ貝などの水産物で増加が目立ったほか、欧米での外食需要が増えたことで日本酒も伸びた。牛肉は香港向けの減少が響いて5・2%減となった。

 急速に進む円安について、農…

この記事は有料会員記事です。残り407文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら