第6回「安倍は本来の敵ではないのです」 手紙に記された胸中、何を考え

有料記事

【前回はこちら】「オレが憎むのは…」恨み重ねた末 広がる衝撃、噴き出した教団問題

 「喉から手が出るほど銃が欲しい」。山上容疑者は自宅や奈良市郊外に借りたガレージで銃を自作。そして7月8日、ショルダーバッグに銃を忍ばせ現場へと向かいました。

[PR]

 応援演説中の安倍晋三元首相(67)が銃撃され、死亡した事件から5日経った7月13日。

 松江市のフリーライター米本和広氏(71)は自宅のポストを数日ぶりに開けた。

 たまった郵便物の中に、白い縦長の封筒があった。消印は「岡山中央、7月……」。インクが薄れ、94円切手の模様とも重なり、日付は読み取れなかった。表面には手書きで米本氏の住所と氏名。ブログで公表しているものだ。裏返してみる。差出人の名はなかった。

「ご無沙汰しております」差出人書かれていない手紙

 封を開けると、A4サイズの…

この記事は有料記事です。残り716文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
旧統一教会問題

旧統一教会問題

2022年7月8日に起きた安倍晋三元首相銃撃事件をきっかけに、旧統一教会の問題に注目が集まっています。特集ページはこちら。[記事一覧へ]