最深85mの大穴を埋め尽くす男たち コバルト採掘現場を訪ねてみた

コルウェジ〈コンゴ民主共和国南東部〉=遠藤雄司
[PR]

 スマートフォン電気自動車(EV)の普及に伴い、リチウムイオンバッテリーの原材料の一つ、コバルトの需要が急速に伸びている。スマホ1台に約8グラム含まれるというコバルト。世界生産の約7割を占めるコンゴ民主共和国では、生産能力を高めるための工事が急ピッチで進んでいた。

 同国南東部コルウェジ郊外にあるシャバラ鉱山を6月に訪れると、幅数百メートル、最深85メートルの巨大なすり鉢状の大穴が、数千人の男たちでびっしりと埋め尽くされていた。数千人の話し声と、無数の槌音(つちおと)が合わさり、会話をするのが難しくなるほどけたたましい。

 同じくコルウェジ郊外にあるムトシ鉱山では、鉱石の精錬所や貯蔵庫の建設が始まっていた。

 新たな精錬所では、銅の地金や水酸化コバルトを生産する計画だ。鉱山を運営するシェマフ社のダノン・プングウェ氏は「2019年にコバルト価格が暴落し、その後のコロナ禍で計画は一時頓挫したが、世界的なEVやスマートフォンの需要の高まりを受けて再開した」と語る。

 実際、脱炭素社会を目指す世界的な潮流もあり、EVの販売は好調だ。国際エネルギー機関(IEA)によると、2021年の世界での販売台数は、前年の倍を上回る約660万台。最も売れる場合の試算では、30年には4500万台を超えるとも予測している。コバルトへの需要も今後一層高まりそうで、世界銀行グループは電池などエネルギー技術系のコバルト需要が50年には18年比で4・6倍に増加すると予測する。

 一方で、経済協力開発機構(OECD)の報告書によると、コンゴ民のコバルト採掘の2~3割は、個人や小さなグループによる手掘りが占める。

 コルウェジの住宅街を訪れると、宅地に地下トンネルが掘られ、Tシャツ姿の男たちがヘルメットも着けずに素手で鉱石を運び出していた。トンネルは崩落しやすく、毎年少なくとも数十人が各地で犠牲になっている。また、手掘り採掘現場は非合法な場合が多く、児童労働の温床になっているとの指摘もある。(コルウェジ〈コンゴ民主共和国南東部〉=遠藤雄司