老いは隠さず笑いに変える 西川きよしと漫才、見えた桂文枝の覚悟

有料会員記事

照井琢見
[PR]

 キャリアを重ね、老境に至るにつれ、芸事の世界では「円熟味を増した」と評される。老いに勝る技がある、見事だ、と。

 でも、落語家桂文枝(79)はひと味違う。老いを隠さず、笑いにする。7月16日、大阪市なんばグランド花月(NGK)であった独演会を見て、そんな覚悟を感じた。

 落語家生活55周年を記念した会。西川きよし(76)とコンビを組んで、一夜だけの漫才を見せたはいいが、話は行ったり来たり。スムーズなかけ合いとは言いがたく、オチへの道筋も見えてこない。

 文枝「そんな話をするって、聞いてまへんで」

 きよし「台本持ってこよか?」

 本当に忘れたのか、とぼけているのか。客席はハラハラする。これを笑いに変えるのが、ベテランの妙。きよしのナイスアシストで、NGKは安堵(あんど)含みの笑い声に包まれた。

どつかれ、よろめき……

 この日は文枝の79歳の誕生日。それなのに、ステージ上でどつき回され、息はあがり、声はかすれて、よろめいて。体力の消耗はあきらかだった。

 「疲れました……」

 最後の創作落語「親父(おや…

この記事は有料会員記事です。残り418文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら