原石だったBIGBOSS 甲子園のV監督が見抜いた神髄とは

有料会員記事北海道日本ハムファイターズ

能田英二
[PR]

 「BIGBOSS(ビッグボス)」こと、プロ野球北海道日本ハムファイターズ新庄剛志監督(50)は、高校時代からプロ野球選手になると公言していた。福岡・西日本短大付高で、まだ「原石」だった新庄さんは、当時の指導者たちにはどう映っていたのだろうか。

 元監督の浜崎満重さん(73)。新庄さんが卒業した2年後、1992年夏の甲子園で初優勝に導いた名将だ。浜崎さんが電話インタビューで記憶をたどる。

 87年の年明け、社会人チームの新日鉄堺監督から、西日本短大付高監督に転じた。その春に入学してきた1年生の中に新庄さんがいた。

 「監督1年目の夏までは、3…

この記事は有料会員記事です。残り906文字有料会員になると続きをお読みいただけます。