「ジョウンデー」日本の若者に爆売れ 「戦後最悪」日韓関係どこへ?

有料記事

神谷毅
[PR]

経済インサイド

 「何が起こったんだ?」

 2020年春、東京・六本木にある韓国焼酎大手、真露のオフィス。社員らが同社の焼酎「チャミスル」の売り上げをどうしたら伸ばせるか会議を重ねていた。本格的に動き出す前なのに、販売がすでに大きく伸びていたことに注目が集まった。

 振り返れば、それが「爆売れ」の兆しだった。

 同社は販売量を非公開とするが、「新型コロナウイルス流行前の2018年と比べて10倍以上という『異常値』となっている」と明かす。

 韓国・釜山を中心とした焼酎「ジョウンデー」を輸入販売するジェイ・ケイ(本社・東京都足立区)の市瀬貴男社長も、同じような「異常」さを感じていた。

 同社は20年春ごろ、大型量販店から初めての注文を沖縄から受け、取引を開始。数カ月後、量販店の本社から「こんなに売れるのに、どうして全国に広げないの?」と言われ、8月から全国で売られるようになった。その後、他の全国展開するスーパーやコンビニからも問い合わせや注文が相次いだ。

 「営業をしなくても販売がどんどん増えていった」と、市瀬さんは振り返る。19年に120万本だった同社の販売量は20年に150万本、21年には400万本にまで達した。

 なぜ韓国焼酎がこれほど売れるのか。

 真露も市瀬さんも「韓国ドラ…

この記事は有料記事です。残り2447文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。