亡き父が同じ日に夢に現れて 鳴り響いたピンポン、大好物のマグロ丼

有料記事

若松真平
[PR]

 7月31日の朝、都内在住の杉山あずささん(46)は悪夢で目が覚めた。

 父で画家の新一さんが、目の前で突然亡くなる夢だった。

 新一さんは3年前に81歳で亡くなっている。

 せっかく夢に出てきてくれたのに死んじゃうなんて……とショックだった。

 同居している母まゆみさん(68)に夢のことを伝えると、「きょう、私の夢にも出てきたのよ」と言う。

 娘の夢とはうってかわって、好物のマグロを夫婦一緒に食べる夢だったそうだ。

 「私もそっちの夢がよかったなー」と母に愚痴を言った。

    ◇

 翌8月1日の午前9時ごろ、「ピンポーン」と自宅の呼び鈴が鳴った。

 まゆみさんが「はーい」と応えて玄関に向かった。

 ドアを開けるまで30秒もかかっていなかったと思う。

 玄関とその周辺を見回してみ…

この記事は有料記事です。残り2337文字有料会員になると続きをお読みいただけます。