77年後に沈黙を破った元大学教授 介護施設の庭で記者に語ったこと

有料会員記事核といのちを考える

戸田和敬
[PR]

 「原爆の体験を語りたい」。川崎市介護福祉施設で暮らす男性(89)が、家族ら以外に明かしたことがない77年前の夏の記憶を記者に語った。ロシアがウクライナに侵攻した映像を見て、突き動かされた。

 広島県出身の元大学教授、浜本昌宏(まさひろ)さんだ。広島総局員の記者は人づてに、その意向を知った。7月中旬、施設を訪ねた。

 新型コロナウイルス対策で、家族以外の人とは原則面会できない。だが、浜本さんは記者を見ると、施設長に言った。

 「直接話したい」

 施設側の許可を得て2メート…

この記事は有料会員記事です。残り765文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

核といのちを考える

核といのちを考える

被爆者はいま、核兵器と人類の関係は。インタビューやコラムで問い直します。[記事一覧へ]