年金運用、3.7兆円赤字 4~6月期、株価下落が響く

有料会員記事

村井隼人
[PR]

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は5日、今年4月~6月期で3兆7501億円の運用損が出たと発表した。赤字は2四半期連続。2四半期連続の赤字となるのは6年ぶり。世界的なインフレで各国が金融引き締めに動くなか、株価の下落が影響した。

 資産別にみると、外国株式の赤字が最も大きく2兆6149億円。次いで国内株式は1兆8120億円、国内債券は6382億円の赤字だった。円安の影響で外国債券だけ1兆3150億円の黒字だった。

 GPIFは、インフレの進行…

この記事は有料会員記事です。残り147文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら