• アピタル

ワクチン4回目、発熱はファイザー15%、モデルナ26% 厚労省

有料会員記事新型コロナウイルス

神宮司実玲
[PR]

 新型コロナウイルスワクチンの4回目接種後の副反応について、厚生労働省の専門家部会は中間報告をまとめ、5日公表した。調査対象者のうち、発熱は米ファイザー社製が約15%、米モデルナ社製が26%で、ともに1~3回目接種時の調査に比べて低かった。

 4回目接種の副反応の分析が報告されたのは今回が初めて。研究には計28施設が参加し、参加施設に通院が可能な人を対象とした。

 接種後1カ月までに出た副反応を分析した。米ファイザー社製を接種した487人では、37・5度以上の発熱は15・2%、体のだるさは44・4%、米モデルナ社製を接種した96人では、発熱は26・0%、体のだるさは60・4%だった。

 4回目接種の対象は60歳以…

この記事は有料会員記事です。残り179文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]