国民民主、与党寄りの路線「一定の評価得た」 参院選を総括

有料記事国民

藤崎麻里
[PR]

 国民民主党は5日、参院選総括を発表した。「野党共闘」が不発だった昨秋の衆院選以降、政策実現へかじを切った与党寄りの路線について、「『対決より解決』の姿勢として有権者に一定程度評価された」と認定。こうした路線を維持する方針を示した。

 総括では、連合の組織内候補を含む現職2人が落選したことなどを踏まえて「厳しい結果。痛恨の極み」と記した。一方で、比例票は衆院選から約57万票増えたため、与党と政策協議を重ねたことが評価されたとして「与野党を超えて連携・協力」の方針を維持するとした。

 選挙を通じて「党所属の地方…

この記事は有料記事です。残り158文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!