「長年、泣き寝入り」 脳性まひの親たちの団体が会見

有料会員記事こぼれ落ちる子どもたち

久永隆一
[PR]

 出産時に重い脳性まひになった子どもとその家族の経済負担を軽減する「産科医療補償制度」の対象外とされた親でつくる団体が5日、厚生労働省で記者会見を開いた。これまで救済策を示してこなかった厚労省に対し、「長年、泣き寝入りしてきた」として早期の問題解決を強く訴えた。

 団体は「産科医療補償制度を考える親の会」(代表=中西美穂さん)。2009年にできたこの制度は、22年1月1日以降に生まれた子どもから補償基準を変更。21年12月31日までに生まれた子どもは、出産時の低酸素状態を示す数値基準をクリアする必要があった。この従来基準で対象外とされた子どもは全国に550人程度いるとされる。

 しかし、この従来の数値基準にあてはまらなくても、脳性まひが起こることがわかり、新基準では低酸素状態の条件は撤廃された。

 この日会見した親の会メンバ…

この記事は有料会員記事です。残り252文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    末冨芳
    (日本大学文理学部教授)
    2022年8月6日10時4分 投稿
    【視点】

    私も2009年に産科医補償制度が始まった時に掛金を払って制度加入して出産しています。まさかこんな悲しい酷い差別の制度だと思っていませんでした。 お産は赤ちゃんもママも命懸けです。 そのプロセスで障害を負う赤ちゃんもいます。 でも頑

こぼれ落ちる子どもたち

こぼれ落ちる子どもたち

虐待、貧困、性被害……。大人がつくった支援制度からこぼれ落ち、困難に直面している子どもたちがいます。今の国会では、「こども家庭庁」の設置法案などの審議が始まり、子ども政策の転換点を迎えます。今後、子どもたちに救いの手が届くのでしょうか。リアルな声とともに伝えます。[記事一覧へ]