速報中ヘルプ

速報中の記事では最新情報を随時更新します

原爆ドーム前、川面に揺れる灯籠2500個 3年ぶり

有料会員記事核といのちを考える

広島総局・福冨旅史
[PR]

 6日、広島は被爆77年の「原爆の日」を迎えました。平和記念式典には地元選出の岸田文雄首相や国連のグテーレス事務総長が参列しました。ロシアによるウクライナ侵攻の中、広島に集まった人たちからは、核兵器のない世界の実現をめざす声が上がりました。タイムラインで速報しています。

(タイムスタンプは日本時間、括弧内は現地時間)

【連載】奪われた笑顔

家や学校でいつも通りに過ごしていた子どもたちが、原子爆弾に突然襲われました。遺族の記憶と、被爆前の写真のカラー化によってよみがえった無邪気な笑顔が、核兵器の非人道性を今に伝えてくれます。

■■■8月7日(日本時間)■■■

【記者の視点】核兵器廃絶と平和の実現へ「もっともっと考えていかなければ」

 原爆投下から77年の広島原爆の日が過ぎた。広島総局記者の私は昨秋から「平和担当」になり、被爆者の方々の話を聞いてきた。

 原爆の日の6日、原稿を出し終え、職場から歩いて平和記念公園へ向かった。

 日中は目の前の取材に追われ、原爆死没者慰霊碑に参拝できずにいた。日付が変わるまでに、黙祷(もくとう)を捧げたいと思った。

 慰霊碑の前には20人ほどが列をなしていた。子ども連れの若い夫婦、花を手向ける外国人の家族、試合観戦後なのか、広島カープのユニホームを着た人。77年前、ここ広島で一瞬にして破壊された日常に、多くの人が思いをはせる日だったのだと改めて感じた。

 「平和」をめぐる状況は厳しい。ウクライナに侵攻したロシアは「核の脅し」をした。中国は原爆の日の6日も台湾周辺で軍事演習を展開した。

 地元選出の岸田文雄首相は平和記念式典のあいさつで核兵器を全面的に禁じた核兵器禁止条約に触れなかった。

 原爆死没者慰霊碑に収められた死没者名簿に書かれているのは33万人の名前だ。「核兵器のない世界」はライフワークだとする岸田首相の演説に何を感じただろうか。

 7日午前8時15分。平和記念公園にある「平和の時計塔」からチャイムが鳴った。毎日、原爆投下時刻に合わせて音が響く。

 慰霊碑の前には、今日も手を合わせる人が多くいた。大切な人を失った悲しみや平和への願いは、いつまでも続いていく。

 核兵器廃絶、そして平和という理想をどうやって実現していくか。もっともっと考えていかなければいけない。

 9日には、長崎が原爆の日を迎える。(広島総局・福冨旅史)

11:20

爆心地近くの地下街 響いた「イエスタデイ」

 広島原爆の日の翌日の7日、広島市中区の爆心地近くの地下街で、「まちかどピアノ」(ストリートピアノ)の音色が響いた。このピアノは戦後、市中心部にあった「純音楽茶房ムシカ」で1968~83年に使われた。

 65年8月6日に発売されたというビートルズの楽曲「イエスタデイ」をピアノで弾いたのは沖田千春さん(64)。ビオラで共演した夫の孝司さん(64)は「核爆弾だけでなく、ウクライナもそうだが、『嫌なものは嫌だ』と言う。人と人の絆をつくりたいと思う」と話した。

 「平和と美術と音楽と」と題したイベントで、8日まで紙屋町シャレオで開かれている。

8:30

式典会場の片付け中も、絶えぬ祈り

 平和記念式典の翌日も、広島市中区の平和記念公園にある原爆死没者慰霊碑には参列者が絶えなかった。式典会場のテントや献花の片付けが始まるなか、多くの人々が慰霊碑の前で手を合わせたり、花を供えたりしていた。

 2日ごとに公園の清掃を担っている広島市西区の穴井涼子さん(75)は、午前8時前から同僚と供えられた花の手入れを始めた。慰霊碑の周りは6日に供えられた花束であふれていた。「きょう1日はかかりそう。ありがたいことです」と花束の飾りを丁寧にはがしていた。

■■■8月6日(日本時間)■■■

18:00

原爆ドーム前、2500個の灯籠流し

 原爆犠牲者を悼み、平和を祈る灯籠(とうろう)流しが、原爆ドーム(広島市中区)前を流れる元安川であった。新型コロナウイルスの影響で2020年と21年は関係者のみで実施し、大規模な開催は3年ぶりとなった。

 「核兵器のない世界を」「世界に平和を」。市民が約2500個の灯籠に託した言葉は明かりに照らされ、川面で静かに揺れた。

17:40

見上げてごらん夜の星を 川面に響くオカリナ

 爆心地から500メートルの旧天神町では、原爆投下から約10時間が経った午後6時ごろも、まだ火が燃え上がり町内に入れなかったという。女学生らが元安川の川岸で抱き合うようにして横たわっていたという記録も残る。

 「何千度という熱で灰になっ…

この記事は有料会員記事です。残り11761文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

核といのちを考える

核といのちを考える

被爆者はいま、核兵器と人類の関係は。インタビューやコラムで問い直します。[記事一覧へ]