第1回救急車よ「一刻も早く」 安倍元首相銃撃、証言でたどる「あの時」

有料記事

【動画】証言「あの時、何が」元首相銃撃 緊迫の15分
[PR]

 安倍晋三元首相が7月8日、銃で撃たれて殺害された事件は、近鉄・大和(やまと)西大寺(さいだいじ)駅北口(奈良市)のバスターミナルそばで起きた。街頭演説中に、何があったのか。現場付近にいた首長や議員らの証言をもとにたどった。

 「点字ブロックを踏まないでください」「こちらをお通りください」――。

 小村尚己・自民党奈良県連青年部長は、聴衆が歩行者の通行の妨げにならないよう、商業ビル「サンワシティ西大寺」の前で交通整理をしていた。演説台に背を向けていたが、わきあがった歓声を聞いて「ああ、安倍さんが来られた」と分かった。

「ごっつい望遠レンズ、なんであんな所で」

 安倍元首相は「びっくりして倒れているのでは」と感じた人。「時間が非常に長く感じた」と振り返る人。あの時、現場にいた人々は何を見て、どう動いたのか。記事後半でお伝えします。

 安倍氏は、ガードレールに囲…

この記事は有料記事です。残り1202文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。