再開は夢と消えたかジャズ喫茶 贈られた「涙物」の品、継がれた遺志

有料会員記事

東野真和
[PR]

 東日本大震災の津波で流された県内最古のジャズ喫茶「クイン」に多くのレコードを贈り、再建を後押しした恩人が6月、初めて岩手県大槌町の店を訪れた。再建を夢見ながら亡くなった元店主の遺志を継いだ長女と対面し、故人の思い出を語り合った。

 「学生時代のジャズ喫茶の雰囲気。レコードたちも喜んでいるはず」

 新潟市中央区から500キロ近い道のりを車で来た明倫短大元学長の花田晃治さん(84)と妻のマチ子さん(81)は、店内に響くジャズに耳を傾け、うっとりとした表情を浮かべた。

 店主の佐々木多恵子さん(53)は「花田さんに来てもらいたくて、この店を今までやってきたようなもの」と感謝した。

 クインは佐々木さんの父、賢一さんが1964年に開店。山下洋輔さんら有名なプレーヤーも訪れる名店だったが、2011年の震災で、店と一緒に約2万枚のレコードやプレーヤーが流されたうえ、賢一さんは妻も奪われた。

 再開する資金がなく気力も失…

この記事は有料会員記事です。残り582文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら