第2回振り向くと男「なんでこんなとこにおるんや」 議員らの証言【中州】

有料記事

小川崇、富岡万葉、伊藤誠、宮崎亮、市原研吾、御船紗子
【動画】証言「あの時、何が」 元首相銃撃、緊迫の15分
[PR]

 安倍晋三元首相が7月8日、銃で撃たれて殺害された事件は、近鉄・大和(やまと)西大寺(さいだいじ)駅北口(奈良市)で起きた。街頭演説中に何があったのか。安倍氏と同じく、交差点内の「中州」にいた首長や議員らの証言をまとめた。(小川崇、富岡万葉、伊藤誠、宮崎亮、市原研吾、御船紗子

「発煙筒がたかれたか」 見渡すと広がっていた惨状

●仲川げん・奈良市長=7月8~9、14、22日の証言

 私が1番目の弁士だった。ガードレールで囲まれた部分は、我々も選挙でよく使うが、どちらかと言えば駅の方を向く。今回は逆向きで、レイアウトは違うんだなと思った。我々は人の多い方を向きたい。たしかサンワシティ西大寺の方を向いて話すように言われた。いささかの不安も感じず、応援の弁だけとらせていただき、後はお見送りをする、と考えて同席していた。

 (安倍氏の)背中を見ていて、後ろから音がしたが、瞬時には銃撃だと分からなかった。何かが爆発、破裂したのではないかという衝撃に驚いたのが率直な感想。打ち上げ花火を上げるような、火薬が爆発したような音がして、びくっとなったような気がする。間髪入れずに2回目が鳴って、煙が出ていた。妨害行為の一環として発煙筒がたかれた類いかと思った。

 周りを見渡すと惨状が広がっ…

この記事は有料記事です。残り1190文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!