「会えてうれしい。合理的な方だと聞く」韓国外相、北朝鮮大使に言葉

プノンペン=稲田清英
[PR]

 東南アジア諸国連合(ASEAN)関連の会議でカンボジアを訪れている韓国の朴振(パクチン)外相と北朝鮮の安光日(アングァンイル)駐インドネシア大使が、4日夜に言葉を交わした。

 5月に韓国で尹錫悦(ユンソンニョル)政権が発足して以降、閣僚級幹部が北朝鮮の高官と直接会うのは初めてとみられる。

 韓国外交省によると、2人はプノンペンで開かれた夕食会で近くに座った。

 朴氏は安氏に「会えてうれしい。ASEANの専門家として合理的な方だと聞いている」と話した。6月に崔善姫(チェソンヒ)氏が新たに北朝鮮の外相に就いたことへの祝意も伝えたという。

 一方、安氏は5日、ASEAN地域フォーラム(ARF)に出席した後、記者団に朴氏と会ったことについて問われ、「何の話もしなかった」などと語った。(プノンペン=稲田清英)