広島で与野党が討論 核禁条約オブザーバー参加は 核共有に言及も

有料会員記事

大久保貴裕、黒田陸離
[PR]

 「原爆の日」を前に、核兵器の廃絶に向けた日本の役割を考える討論会が5日夜に広島市内で開かれた。与野党の代表者8人が参加し、日本がオブザーバー参加を見送った核兵器禁止条約締約国会議への関わり方などをめぐり、論戦が展開された。

 「日本がオブザーバー参加す…

この記事は有料会員記事です。残り750文字有料会員になると続きをお読みいただけます。