日中外相会談取りやめも、林外相「中国との対話は常にオープンだ」

有料会員記事

プノンペン=野平悠一
[PR]

 林芳正外相は5日夜、訪問先のカンボジアで記者団の取材に応じた。中国が弾道ミサイルを日本の排他的経済水域(EEZ)に落下させたことや日本との外相会談を取りやめたことをめぐり、「情勢が緊迫しているときこそ、しっかりと意思疎通することが重要だ。中国側との対話については常にオープンだ」と述べた。

 林氏は東南アジア諸国連合(ASEAN)関連の外相会議に出席するため、カンボジアの首都プノンペンを訪問中。4日には現地で岸田政権発足後、初めて日中外相会談を対面形式で開く予定だった。

 しかし、ペロシ米下院議長の台湾訪問に反発した中国が、台湾周辺での大規模な軍事演習を発表。日本を含む主要7カ国(G7)外相が非難声明を出したことなどにも反発し、直前で会談をキャンセルした。9月には日中国交正常化50周年の節目を迎えるが、日中関係改善の見通しは立っていない。

 このほか、5日に開かれた東…

この記事は有料会員記事です。残り161文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら