サル痘、国内3例目を確認 在日米軍関係の20代男性

枝松佑樹
[PR]

 厚生労働省は5日、天然痘に似た感染症「サル痘」に、在日米軍横田基地(東京都福生市など)に所属する米軍関係者の20代男性が感染していることを確認した、と発表した。国内3例目。同基地内の病院に入院中だという。

 厚労省によると、男性は4日に基地内の病院を受診し、そのまま入院した。5日、感染が判明したと米国側から日本政府に連絡があったという。頭痛、身体の痛み、寒気、倦怠(けんたい)感、発疹などの症状があるという。現在の容体について、同省はプライバシーを理由に明らかにしていない。

 男性は発症前、海外から日本を短期で訪問していた人と接触歴があったという。男性の濃厚接触者は調査中という。(枝松佑樹)