ウクライナ食料輸出 「完全な履行」強調 ロシア・トルコの首脳会談

有料会員記事ウクライナ情勢

イスタンブール=高野裕介
[PR]

 ロシアのプーチン大統領とトルコのエルドアン大統領は5日、ロシア南部ソチで会談した。ロシアによる黒海封鎖で滞っていたウクライナからの食料輸出の再開について、会談後の共同声明で「両国の建設的な関係が重要な役割を果たした」と強調した。

 両首脳の直接会談は、先月19日にイランの首都テヘランで行われて以来。プーチン氏は約4時間続いた会談の冒頭、エルドアン氏に「あなたの直接の参加と国連の仲介で(食料輸出再開の)問題を解決した。ロシアの食料と肥料の世界市場への供給とセットで解決されたことに感謝したい」と述べた。

 エルドアン氏は「トルコとロシアの関係に大きく違ったページを開く」と述べ、経済や貿易を通じた関係強化に期待を寄せた。

 ウクライナからの食料輸出は、ロシアがウクライナ侵攻後に黒海を封鎖したことで止まっていた。ロシアとウクライナは7月22日、仲介役の国連やトルコとそれぞれ、輸出再開で合意。8月1日に最初の貨物船が出航した。

 ウクライナ侵攻をめぐって欧…

この記事は有料会員記事です。残り545文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    服部倫卓
    (ロシアNIS経済研究所所長)
    2022年8月6日10時20分 投稿
    【視点】

    故安倍晋三氏はプーチン大統領と27回も首脳会談を重ねたことが知られている。 ただ、私がプーチン大統領の動静を見ていて感じるのは、プーチンがエルドアン・トルコ大統領と会談する機会がきわめて多いということである。対面の会談も多いが、電話などで