損傷に結びつく懸念も ザポリージャ原発に攻撃、両国がお互いを非難

有料会員記事ウクライナ情勢

ロンドン=国末憲人
[PR]

 欧州最大の出力を誇るウクライナ南部のザポリージャ原発に対する攻撃が5日あり、ロシアとウクライナが互いに相手方を非難した。同原発を支配するロシア軍はここを攻撃拠点としているといわれ、戦闘の激化が原発の損傷に結びつく懸念も強まっている。

 ウクライナの原子力企業エネルゴアトムによると、5日午後2時半ごろから原発に対する攻撃があり、設備の一部が壊れたという。放射能漏れやけが人はなく、原発は運転をそのまま続けた。

 ゼレンスキー大統領は「侵略者は、欧州全体を危機にさらす状況を作り出している」と非難する映像を公表。攻撃がロシア軍によるものだと主張した。エネルゴアトムは、攻撃直前にロシア原子力企業のスタッフが退避したと指摘。「攻撃を事前に知らされていたのでは」と推測した。

 一方、ロシア国防省はこの攻撃がウクライナ軍によるものだと主張し、「ゼレンスキー大統領の犯罪行為だ」と非難した。ロシアのタス通信が伝えた。また、核不拡散条約(NPT)再検討会議が現在ニューヨークで開かれていることを指摘して「(攻撃は)極めて皮肉な挑発だ」と批判した。

 ザポリージャ原発は世界第3…

この記事は有料会員記事です。残り210文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    服部倫卓
    (ロシアNIS経済研究所所長)
    2022年8月7日13時26分 投稿
    【視点】

    ザポリージャ原発は、6基の原子炉を擁し、往時にはウクライナの電力需要の4分の1ほどを賄っていたと言われている。同原発は1984年稼働と、旧ソ連の原発としては比較的新しく、それだけ資産価値も高いと考えられてる。 この原発をウクライナ、ロシア