米「中国は世界全体を罰している」 ペロシ氏訪台の対抗措置に抗議

有料会員記事

ワシントン=清宮涼、北京=高田正幸
[PR]

 中国外務省が5日、ペロシ米下院議長の台湾訪問を受けて、米中両国の軍の幹部同士の電話協議や気候変動分野での協議を行わないといった対抗措置を発表したことをめぐり、米国家安全保障会議(NSC)のカービー戦略広報担当調整官は同日のオンライン会見で、「無責任だ」と批判した。

 中国は5日、両軍の幹部同士の電話協議や国防省の事務レベル会議、気候変動分野の協議の中止や停止といった対抗措置を発表した。カービー氏は、気候変動への取り組みに及ぼす影響を挙げて、「中国は米国だけを罰しているのではない。世界全体を罰している」と批判した。

 両軍間の幹部の意思疎通が完…

この記事は有料会員記事です。残り299文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら