松野・麻生・茂木氏を続投へ 岸田首相、内閣改造・自民党役員人事

有料記事岸田政権

[PR]

 岸田文雄首相は、10日に実施する内閣改造・自民党役員人事について、松野博一官房長官のほか、自民党の麻生太郎副総裁と茂木敏充幹事長を続投させる方針を固めた。政権の「骨格」を維持することで、安定した政権運営につなげたい考えだ。

 首相は6日、広島市内で記者会見し、来週にも人事を行うと表明。公明党山口那津男代表が同日の会見で、首相から「(人事を)10日に行いたい」と伝えられたことを明らかにした。7月の参院選に立候補せずに引退し、民間閣僚となっている金子原二郎農林水産相と二之湯智国家公安委員長は交代する見通しだ。

 会見で首相は、「世界平和統…

この記事は有料記事です。残り115文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
  • commentatorHeader
    曽我豪
    (朝日新聞編集委員=政党政治、教育改革)
    2022年8月6日18時2分 投稿
    【視点】

    内閣改造というイベントは、権力構造の実態と危機感など首相の心境を白日の元に晒します。その点でポイントになるのは、首相が誰と基本方針を相談し、あるいは事前告知など根回しを行なったか、という事実です。 今回は今月3日に森喜朗、青木幹雄両氏と首