首相、グテーレス国連事務総長と会談 弾道ミサイル発射の中国を非難

有料記事岸田政権

高橋杏璃
[PR]

 岸田文雄首相は6日、国連のグテーレス事務総長と広島市平和記念資料館で会談し、核兵器のない世界に向けて緊密に連携していく考えで一致した。また首相は、台湾周辺での軍事演習で発射された弾道ミサイルが日本の排他的経済水域に落下したことに触れ、改めて中国を非難した。

 グテーレス氏が広島式典に出席するのは初めてで、国連事務総長の出席は2010年の潘基文氏以来、12年ぶり。会談で首相は、グテーレス氏が式典に出席したことを歓迎した。

 首相は「被爆の実相に対する…

この記事は有料記事です。残り288文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!