安倍元首相の葬儀時に「半旗掲揚を」 教委の要請に困惑する学校現場

有料記事国葬

[PR]

 安倍晋三元首相の葬儀に合わせ、各地の教育委員会が学校に国旗や校旗の半旗(弔旗)掲揚を促していたことが、相次いで明らかになっている。実際に掲揚した学校があるなか、現場には疑問の声もある。

 7月8日に銃撃され亡くなった安倍氏の家族葬は12日に東京都内で営まれた。

 福岡市教育委員会は12日付で、市内全ての市立小中高校と特別支援学校の計226校の学校長宛てに、「民主主義を擁護し、犠牲となった安倍晋三元首相を悼む弔旗掲揚について」と題する文書を通知。12~15日に、半旗掲揚への「配慮」を求めた。

 30代の男性教諭が勤める学校は、通知を受けて半旗を掲揚した。職員朝礼で、校長から「半旗を揚げます」と短く報告があったという。

 この教諭は「個人で哀悼の意を示すのは構わないが、なぜ学校として弔意を示さなければならないのか。子どもや保護者から理由を問われたら、どう説明したらいいのか」と話す。

 ただ、当時は終業式直前の慌ただしい時期。男性は「仕事に追われて冷静に考える時間もなかった」。朝礼で意見や異論は出なかったという。

 40代の男性教諭が勤める学…

この記事は有料記事です。残り1146文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

  • commentatorHeader
    藤田直央
    (朝日新聞編集委員=政治、外交、憲法)
    2022年8月7日7時33分 投稿
    【視点】

    安倍元首相が暗殺された事件から2日後の家族葬の話です。選挙での街頭演説中の銃撃というショッキングな事件から間もない頃ですが、身内での葬儀であり、これに地方自治体と公立学校がどう臨んだかという問題です。各自治体の判断なので、ご関心の住民の方は