イルカにかまれ、2人けが 背中に衝突、水着引っ張られる 福井市

有料記事

川辺真改
[PR]

 福井市鮎川町の海水浴場で7日午前11時40分ごろ、「イルカに2人が襲われている」と海水浴客の女性から118番通報があった。福井海上保安署によると、成人の男女2人がイルカに手やひじなどをかまれ、軽いけがをした。イルカは逃げたという。

 同署によると、イルカは海水浴場内の沖合およそ15メートル付近を泳いでいた福井市の女性(39)の背中に衝突。浜辺に逃げようとした女性の左の手のひらや手首にかみついた。その後も水着を引っ張るなどしたという。

 助けようと沖に向かった福井県坂井市の男性(50)も、イルカから女性を遠ざけようとしたときに、右の手のひらや、左ひじをかまれ、右手を3針縫うなど、1週間のけがを負った。イルカはその後も浜に帰ろうとする男性を鼻先でつつきながら追ってきたが、男性が蹴ると逃げたという。

 専門家によると、野生のイル…

この記事は有料記事です。残り133文字有料会員になると続きをお読みいただけます。