近江・山田が8回2失点の力投 選抜敗退を生かし主将らしさ高める

[PR]

7日、全国高校野球選手権大会1回戦 近江8-2鳴門

 近江のエース山田陽翔が8回2失点と試合をつくった。二回に味方の2失策で勝ち越しを許したが、そこから「自分の中で流れをつくらないといけない」とギアを上げた。三回は、前の打席で直球勝負で三塁打を許した鳴門の4番・前田一輝に、変化球を振らせて空振り三振に。毎回の13三振を奪った。

 今春の選抜大会では、1回戦から決勝の途中まで一人で投げたが、決勝で打ち込まれて準優勝。「2番手」がチームの課題と共通認識になった。この日の試合中に多賀章仁監督と相談の上、九回を左腕の星野世那に託し、右翼で試合終了を見届けた。「最後まで投げたい気持ちはあったけど、勝ち進むことを考えると、星野に経験を積ませた方がいいと思った」。主将らしさが見えた。