家族5人乗った車が高速で横転、6歳男児と母親が死亡 阪和自動車道

[PR]

 7日午後9時55分ごろ、堺市中区深井畑山町の阪和自動車道上り線の堺本線料金所で、大阪府門真市野里町の目加田順平さん(33)が運転するワンボックス車が横転した。大阪府警によると、目加田さんの長男の慎平ちゃん(6)が車外に投げ出されて死亡、助手席に乗っていた妻の千春さん(32)も亡くなり、乗っていた家族5人全員が死傷したという。

 府警高速道路交通警察隊などによると、車は料金所の各レーンを区切るコンクリートの縁石にぶつかり、助手席側を下にして横転したとみられる。目加田さんは骨盤骨折などの重傷。後部座席に乗っていた長女(4)と次男(3)も全身を強く打ち、軽傷という。同隊は、家族で和歌山・白浜周辺に遊びに行った帰りだったとみている。