待機児童は減ったけど…ベテラン保育士が危惧する「子どもの気持ち」

有料記事

聞き手・ともに伊藤舞虹
[PR]

 待機児童ゼロに保育料無償化。少子化を国難と位置づける政府は、保育政策を対策の目玉に掲げてきた。明快なスローガンに巨額の予算が投じられる裏で「保育の質が置き去りになった」と警鐘を鳴らす保育士がいる。名古屋市などで保育士を40年続け、雑誌「ちいさいなかま」で10年間コラムを連載した平松知子さんに聞いた。

 ――保育士の多くが、このままでは働き続けることがつらいと考えている、と訴えていますね。

 「大きな理由の一つに配置基準の問題があります。今の基準では1、2歳児は保育士1人で6人を、4、5歳児なら30人をみることになっています。災害が起きた時、まだ歩けない子もいる1歳児6人を、あなた1人で避難させるのは難しいと思いませんか? こう問うと、皆さんウンウンとうなずかれます。しかし保育士のつらさは、こんな数字では表しにくいところに日常的にあります」

 ――どういうことでしょう。

 「日々子どもたちと向き合っていると『もう1人保育士がいたら、この子は救われるのでは』と思う場面に何度も直面します。例えば2歳児クラスでのこと。公園から帰ろうとすると1人の子がダンゴムシに夢中になっている。誰か1人保育士がそばにいて『あとちょっとしたら帰ろうね』と言えたらいいけど、国の基準では『わかったわかった! また来ようね』なんて言って連れ帰るのが精いっぱい。子どもの気持ちは二の次、三の次になってしまいます」

部屋に鍵をかける園、ブルーシートの上で食事をとらせる園…。保育政策に危機感を募らせる平松知子さんはこの後、「子ども置き去り」の状況を具体的に語ります。記事後半では、研究者の池本美香さんが、海外の保育政策との比較について解説します。

人生を左右しうる就学前の6年間

 ――それは、単なる子どもの…

この記事は有料記事です。残り3887文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
  • commentatorHeader
    中野円佳
    (ジャーナリスト)
    2022年8月10日7時53分 投稿
    【視点】

    子どもへのしわ寄せの観点、非常に重要だと思います。何とか事故が起こることは防いでいても、豊かな保育ができているかという点で良心的で専門知識のある保育士さんほど葛藤があるはず。 2015年ごろ自分の子どもを預けるために保育園を何か所も見