旧統一教会と関係見直し、政権が閣僚に指示 「十分注意」異例の言及

有料記事岸田政権

[PR]

 松野博一官房長官は8日、閣議後の閣僚懇談会で岸田内閣の閣僚に対し、「世界平和統一家庭連合」(旧統一教会)との関係を点検し、厳正に見直しを行うよう指示した。岸田文雄首相の指示を受けた発言。特定の団体との関係を点検するよう政権が閣僚に指示するのは異例だ。

 松野氏が閣議後の記者会見で明らかにした。「いわゆる旧統一教会と政治家との関係については国民の皆様から様々なご意見が寄せられている」と説明。「社会的に問題が指摘されている団体との関係には、政治家として十分に注意しなければならないのは当然だ」と指示の理由を述べた。

 首相は10日にも実施する内閣改造と自民党役員人事を前に、6日の記者会見で「新たに指名する閣僚だけでなく現閣僚、副大臣なども含め、当該団体との関係をしっかりと点検し、結果を明らかにしてもらい、適正な形に見直すことを指示したい」と述べていた。

 内閣改造に向けては首相は8…

この記事は有料記事です。残り213文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
旧統一教会問題

旧統一教会問題

2022年7月8日に起きた安倍晋三元首相銃撃事件をきっかけに、旧統一教会の問題に注目が集まっています。特集ページはこちら。[記事一覧へ]