北日本で10日にかけ大雨 豪雨の被災地再びか 前線、1週間停滞も

吉沢英将
[PR]

 前線の影響で、北日本では10日にかけて大雨となる見通し。前線は1週間程度停滞するといい、8日午前に報道陣の取材に応じた気象庁の岸本賢司・主任予報官は先週に記録的豪雨が襲った山形、新潟両県などに触れ、「被災した地域でも今後、大雨になる可能性がある」と述べた。

 同庁によると、北日本にのびる前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、北日本では10日にかけて大気の状態が非常に不安定となり、大雨になるという。北海道遠別町では8日午後2時前までの1時間に観測史上最多となる60・5ミリの非常に激しい雨も降った。日本の南の太平洋高気圧や北にある上空の低気圧に挟まれる形になることで、前線は1週間程度の長期にわたって停滞することが予測される。東北地方の日本海側を中心に雨量が多くなるおそれがあるという。

 9日午後6時までの24時間予想雨量は、いずれも多いところで、東北200ミリ▽北海道150ミリ。その後の24時間では、東北100~200ミリとしている。同庁は土砂災害に厳重に警戒するよう呼びかけている。(吉沢英将)