山にハマると人生ダメに? 石丸謙二郎さん流、登山の怖さと魅力とは

有料記事

聞き手・笠井正基
[PR]

コロナ禍の登山 注意すべきは

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、登山風景が様変わりして3年目。夏山シーズン真っ盛りの11日は「山の日」の祝日です。全国山の日協議会の「山の日アンバサダー」を務め、コロナ禍でも年間30座ほど登っている俳優の石丸謙二郎さんに、その魅力や初心者の楽しみ方、近ごろブームとなっている低山登りで注意すべきことなどを聞きました。

いしまる・けんじろう

1953年生まれ。テレビ番組「世界の車窓から」でナレーター。近著に「台詞(セリフ)は喋(しゃべ)ってみなけりゃ分からない」。

 山歩きの良さは誰とも競わないし、何歳からでも始められて生涯にわたって楽しめることです。先月、山形県側から蔵王山に登ったところ、高山植物が咲き乱れていて、海を渡る「旅するチョウ」として知られるアサギマダラが目の前でとまっていました。初めての経験で、毎回、新しい発見が多いです。

 大分県で生まれ育ち、山歩き…

この記事は有料記事です。残り1934文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!