• アピタル

オミクロン株対応ワクチン、10月半ばにも 5~11歳にも努力義務

有料記事新型コロナウイルス

神宮司実玲、市野塊
[PR]

 新型コロナウイルスのワクチンについて、厚生労働省は8日、オミクロン株に対応した新しいワクチンを10月半ばにも使い始める方針を決めた。2回接種後を前提に、高齢者や基礎疾患がある人に用いるほか、すべての人に使うことも想定して自治体と準備する。ほかに、5~11歳の接種に、12歳以上と同じ予防接種法上の「努力義務」を9月上旬にも課すことも決めた。同日の専門家分科会で了承された。

 新たなワクチンは、昨冬に流行したオミクロン株の系統の一つ「BA.1」と、初期の流行株の二つのウイルス株に対応した「2価ワクチン」。米ファイザー社や米モデルナ社が開発中で、これまでのワクチンより、オミクロン株への感染を防ぐ「中和抗体価」が高くなるとされる。いま主流の「BA.5」に対応する2価ワクチンを開発する動きもあるが、早くに入手でき、BA.5にも効果が期待できるという。

 接種間隔は、臨床試験のデータなどをもとに、5カ月程度を見込む。

 厚労省によると、薬事承認がされれば、ワクチンは9月に輸入が可能。2回の接種を終えた全員の接種に十分な量のワクチンを確保できるという。ファイザー社は8日、厚労省に2価ワクチンの承認を申請した。

 一方、国内では3回目接種や…

この記事は有料記事です。残り237文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]