法人向け新電力が事業撤退 東北電と東ガス出資、「採算が取れない」

有料記事

宮川純一
[PR]

 東北電力東京ガスが出資する法人向け新電力「シナジアパワー」は8日、電力小売り事業から11月末で撤退すると発表した。燃料価格上昇で電力の仕入れ値が高騰。収支改善の見通しが立たず、事業を続けるのが難しくなった。

 シナジアパワーは2019年度から3年連続で純損益が赤字に陥っている。燃料価格が上昇した21年9月ごろからは、電力の仕入れ値が販売価格を上回る状況が続いていた。電力は東北電と東京ガスから計85%、電力卸市場から15%を調達している。

 シナジアパワーの会田喜之社…

この記事は有料記事です。残り263文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!