市船橋、押し出し死球でサヨナラ勝ち 興南は八回に追いつかれる

[PR]

(8日、第104回全国高校野球選手権大会1回戦 興南5-6市船橋)

 市船橋がサヨナラ勝ち。八回に片野の本塁打などで2点差を追いつくと、九回1死満塁で黒川が押し出し死球を受けた。三回途中から登板の森本哲星は無失点の好救援。興南は三回に敵失も絡め5点を先行したが、六回以降は走者を出せなかった。