後見人弁護士「キャバクラに使った」 約8千万円着服などで除名処分

有料記事

安井健悟
[PR]

 後見人として管理していた預金を使い込むなど計約8千万円の横領や詐欺行為をしたとして、大阪弁護士会は8日、堺市内に事務所を置く古賀大樹弁護士(43)=業務上横領罪で公判中=を懲戒処分で最も重い除名にし、発表した。

 古賀弁護士は調査に対し、大阪・北新地のキャバクラで使ったなどと説明したという。

 同会は、古賀弁護士が201…

この記事は有料記事です。残り179文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!