公立小中校の面積2割が老朽化 モルタル落下、漏電など不具合2万件

有料記事

桑原紀彦
[PR]

 全国の公立小中学校の施設で、全体の面積の約2割が老朽化していることが8日、昨年度の文部科学省の調査で分かった。消防設備が作動しなかったり、軒裏のモルタル片が落下したりする不具合も約2万2千件起きていた。文科省は各教育委員会に改修を促す。

 文科省によると、公立小中学…

この記事は有料記事です。残り371文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!