第128回ロシアは「直接の脅威」、中国は… NATOの役割、どう変わる?

有料記事ウクライナ情勢

聞き手・青田秀樹
[PR]

 北大西洋条約機構(NATO)が、今後10年ほどの行動指針となる「戦略概念」を見直しました。ロシアへの対応の強化はもちろん、米国との間で緊張が高まる中国にも初めて言及しています。NATOの役割の変化や今後について、ブリュッセル自由大学のジュリアン・ポマレード研究員(国際安全保障論)に聞きました。

 ――NATOは近年、テロ対策などの危機管理に注力してきました。ロシアのウクライナ侵攻で、集団防衛の任務に逆戻りしたということでしょうか。

 「NATOには三つの大きな任務があります。集団防衛、第三国との協調的安全保障、危機管理です。冷戦崩壊後は危機管理が大きく前面に出ました。(ロシアがクリミア半島を一方的に併合した)2014年から(軍事侵攻が始まった)22年の2月を経て、(重点が)集団防衛に戻ってきました。加盟国を守る任務です」

 「歴史的なNATOのアイデ…

この記事は有料記事です。残り2495文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!

連載ウクライナ危機の深層(全180回)

この連載の一覧を見る