ソフトバンクG、過去最大の赤字3.1兆円 孫氏は「反省」繰り返す

有料記事

杉山歩、鈴木康朗
[PR]

 ソフトバンクグループ(SBG)が8日発表した2022年4~6月期決算(国際会計基準)は、純損益が3兆1627億円の赤字となった。同社の四半期決算としては過去最大の赤字で、国内の上場企業としても最大規模とみられる。世界的なインフレや金利上昇への警戒感から、投資先の株価や評価額が大きく下落したことが響いた。

 純損益の赤字は2四半期連続となる。4~6月期の投資ファンド事業での損失は2・3兆円に上った。加えて、円安が進んだことからドル建ての負債が円換算で膨らむなどし、8200億円の損失も計上した。

 SBGは、携帯電話大手ソフトバンクなどを傘下に置きつつも、人工知能(AI)などを活用する各国の新興企業への投資が経営の柱となっている。英半導体設計大手アームなど、傘下のファンドの投資先は473社にのぼる。投資先の価値を四半期ごとに評価して決算に反映させるため、SBGの業績は投資先の株価に大きく左右される。

 孫正義会長兼社長は8日の会見で「反省」を何度も口にした。21年3月期に、株高を追い風に国内過去最大の5兆円近い純利益を出したことで、「有頂天になっていた」と語った。

 その後、米国でのハイテク株…

この記事は有料記事です。残り449文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    若新雄純
    (プロデューサー・慶応大特任准教授)
    2022年8月10日8時41分 投稿
    【視点】

    有頂天と反省を繰り返し、投資家たちは稼ぎ続ける。憂うべきは、平穏の中でジリ貧になる生活者たち。

  • commentatorHeader
    藤井涼
    (CNET Japan編集長)
    2022年8月9日17時44分 投稿
    【視点】

    「世界的株安」と「円安」によって、過去最大の赤字となったソフトバンクG。孫正義氏は「今振り返ってみると、自分たちの中で(未上場企業に対する)評価に関してはバブル状態があったのではないか」と反省の弁を述べました。また現在は、上場株よりも未上場