名称変更の申請前、旧統一教会側が文化庁に「不受理の違法性」伝える

三浦淳
[PR]

 旧統一教会が2015年、現在の「世界平和統一家庭連合」に名称を変更した経緯について、末松信介文部科学相は8日の記者会見で、変更申請前に教団側から「文化庁が申請を受理しないことの違法性について指摘があった」と明らかにした。教団側が「弁護士に確認した」として同庁に伝えたという。同庁宗務課によると、当時の担当者が指摘を記憶していたというが、日付は不明という。

 末松文科相は名称変更について、憲法が保障する信教の自由に配慮し、申請書に形式上の不備がなければ受理し、認める制度だと改めて強調。こうした制度の趣旨を踏まえ、教団側は弁護士と相談の上、「申請を受理しないことはおかしいのではないか」と主張し、違法性を指摘したという。

 その上で末松文科相は、変更を認めたのは教団側の指摘とは関係がなく、「手続きに沿ったもので、何らの問題もない」との認識を改めて示した。

 教団の名称変更をめぐっては、元文科省幹部が1997年に教団から相談を受けたが、「名前を変えることは正体隠しにつながる」などとして申請を断ったと証言。形式上の要件ではなく、「(教団の)実態が変わっていない」ことなどを理由にしたと話している。

 教団は取材に「相手があることなので、回答は控える」としている。(三浦淳)

旧統一教会問題

旧統一教会問題

2022年7月8日に起きた安倍晋三元首相銃撃事件をきっかけに、旧統一教会の問題に注目が集まっています。特集ページはこちら。[記事一覧へ]