大阪桐蔭のスーパーサブ、守れるポジションは「全部」 監督も太鼓判

有料記事

岡純太郎
[PR]

 春夏連覇を目指す大阪桐蔭西谷浩一監督が「試合の流れを変えられるスーパーサブ」と高く評価する選手がいる。三塁コーチを務める大前圭右(けいすけ)君(3年)だ。

 大前君は和歌山県出身。中学までは地元のクラブチームでプレーした。利便性を考え、父・裕さん(54)は、家から通える県内の強豪校への進学を勧めた。

 しかし、大前君の心の中には、2018年に春夏連覇した大阪桐蔭があった。中でも、同じ中学のクラブチームの先輩だった小泉航平捕手らに憧れた。「日本一のチームで、日本一の練習をし、自分も日本一になりたい」。地元を離れる決意をした。

 大前君の「売り」は、塁間走…

この記事は有料記事です。残り573文字有料会員になると続きをお読みいただけます。