【写真まとめ】8・9から77年 朝日新聞のカメラが記録した長崎

核といのちを考える

[PR]

 77年前の8月9日午前11時2分、長崎市上空で原子爆弾が炸裂(さくれつ)しました。焼け野原となった同市内に入り、その惨状を記録した2人の朝日新聞カメラマンの写真で当時を振り返ります。

核といのちを考える

核といのちを考える

被爆者はいま、核兵器と人類の関係は。インタビューやコラムで問い直します。[記事一覧へ]