萩生田氏は政調会長で調整 自民役員人事、総務会長は遠藤氏検討

有料記事

[PR]

 岸田文雄首相は8日、自民党政調会長萩生田光一経済産業相、総務会長に遠藤利明選挙対策委員長をそれぞれ充てる方向で調整に入った。高木毅国会対策委員長を留任させる方向だ。また、公明党の要請を受け、斉藤鉄夫国土交通相を続投させる方向で調整している。自民は同日、臨時の役員会と総務会を開き、10日の内閣改造と併せて実施する党役員人事について、党総裁の首相に一任することを決めた。

 複数の政権幹部が明らかにした。萩生田氏は8日の閣議後記者会見で、「継続してやっていくことが望ましいのではないか」と続投に意欲を示しており、調整が難航する可能性もある。萩生田、高木両氏は、安倍派の所属。今回の人事では、「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)」との接点が取りざたされる議員が多い安倍派の処遇も大きな焦点となっている。

 首相は臨時役員会で、「でき…

この記事は有料記事です。残り705文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!