前回知事選時、旧統一教会であいさつ 福島県知事「適切に対応する」

笠井哲也
[PR]

 福島県の内堀雅雄知事は8日の定例会見で、2018年の知事選時に「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)」の福島家庭教会(福島市)に立ち寄り、あいさつしたことを認め、立候補の意向を示している今秋の知事選に向けて「今のこういった状況などを踏まえて適切に対応してまいります」と述べた。あいさつの内容や教団との関わりについては言及を避けた。

 政務秘書によると、内堀氏が教会に立ち寄ったのは前回18年の知事選の遊説中に一度あった。当日、案内人を務めた支援者に連れられて同教会を訪れ、100人規模の集会で1~2分、県政の抱負などを述べたという。急に連れて行かれたため、断る状況でなかったとしている。選挙での支援は受けていないという。(笠井哲也)

旧統一教会問題

旧統一教会問題

2022年7月8日に起きた安倍晋三元首相銃撃事件をきっかけに、旧統一教会の問題に注目が集まっています。特集ページはこちら。[記事一覧へ]