オリビア・ニュートン・ジョンさん死去 73歳 「そよ風の誘惑」

ニューヨーク=藤原学思

 「そよ風の誘惑」や「フィジカル」といったヒット曲で知られる歌手、オリビア・ニュートン・ジョンさんが8日朝、米カリフォルニア州で亡くなった。73歳だった。長らく乳がんと闘っていた。遺族がフェイスブックで発表した。

 英国生まれ、豪州育ち。1970年代はカントリー系の楽曲が支持を集め、74年の「愛の告白」ではグラミー賞を獲得。俳優としても、78年の学園ミュージカル映画「グリース」に出演するなど実績を残した。ディスコ調の「フィジカル」は81~82年、米ビルボードで10週連続1位という快挙を成し遂げた。

 日本との関係も深かった。76年にソロとして初来日。2010年と15年にツアーを行うなど、来日は10回以上に上る。15年は東日本大震災からの復興を祈り、福島でも公演をした。

 尾崎亜美さんが作詞・作曲を手がけた杏里さんの「オリビアを聴きながら」で触れられたことでも知られ、21年11月には「音楽文化の発展、友好親善に寄与した」として、旭日小綬章を贈られた。

 初めてがんと診断されたのは92年のこと。遺族の声明には「30年以上にわたる乳がんとの闘いで、勝利と希望のシンボルになった」と記されている。(ニューヨーク=藤原学思

  • commentatorHeader
    奥山晶二郎
    (サムライトCCO=メディア)
    2022年8月9日20時17分 投稿
    【視点】

    著名人の訃報は、それ自体悲しいことですが、人々の思い出にSNSを通して触れられるきっかけにもなります。 オリビア・ニュートンジョンさんが亡くなったことを受けて、尾崎亜美Official(@amii_ozaki)のアカウントが「オリビア