「ザポリージャ原発に調査団派遣を」 ウクライナ、IAEAに要請へ

有料記事ウクライナ情勢核といのちを考える

松尾一郎、キーウ=金成隆一
[PR]

 欧州最大の出力を持つウクライナ中南部ザポリージャ原発が7日にかけて複数のミサイル攻撃を受けた問題で、ウクライナの国際原子力機関(IAEA)の担当大使を務めるイェウヘーニー・ツィンバリュク氏は8日、IAEAに同原発への調査団の派遣を要請すると明らかにした。

 ウィーンで記者団に語った内容として、ロイター通信が伝えた。同氏は、調査団の現地派遣は「なるべく早く、遅くとも今月末までに」実現するべきだ、と主張したという。

 ウクライナの原子力企業エネルゴアトムによると、ミサイルは使用済み核燃料の保管施設近くに着弾し、放射能観測用のセンサー3基が被害を受けたという。

 ツィンバリュク氏は「ロシア…

この記事は有料記事です。残り235文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
核といのちを考える

核といのちを考える

被爆者はいま、核兵器と人類の関係は。インタビューやコラムで問い直します。[記事一覧へ]