トランプ氏の自宅捜索「機密情報持ち出し」に関与か 識者が指摘

有料記事

ニューヨーク=藤原学思
[PR]

 米連邦捜査局(FBI)が8日、トランプ前大統領の自宅への家宅捜索に乗り出した。前大統領への強制捜査という異例の展開をどう見たらよいのか。米国の司法制度に詳しい専門家に話を聞いた。

 ニューヨーク大ロースクールのスティーブン・ギラーズ教授は朝日新聞の取材に、「今回の家宅捜索で重要な点は、そこに至る過程にある」と指摘する。

 連邦捜査局(FBI)による…

この記事は有料記事です。残り397文字有料会員になると続きをお読みいただけます。